住宅ローンがあっても・・・

 

ハウス・リースバックはできるの?

 

 

 

背景

古田敦也氏を起用

 

TV・ラジオCMで幅広く宣伝

 

コロナ禍で住宅ローンが払えない!!

コロナ禍で、住宅ローンの返済が厳しくなった場合どうすればいいのでしょうか。
せっかく手に入れたマイホームに住み続けながら、住宅ローンを完済する方法をお伝えします。

 

目次

1.コロナ禍で住宅ローンの返済相談が激増している

2.住宅ローンを延滞するとどうなるの?

3.住宅ローンが払えない場合の解決方法を教えて

Point
1

コロナ禍で住宅ローンの返済相談が激増

新型コロナウイルスの影響で収入が激減!そのため、住宅ローンやカーローン、クレジットの支払等の返済に困る人が日に日に増えています。
弊社にも住宅ローンの返済が厳しいと言ったご相談が多くなっています。
 

Point
2

住宅ローンを延滞するとどうなるの?

実際こんなにもコロナウイルスの影響が出てしまうとは誰もが予測できなかったことだと思います。
住宅ローンの返済が滞ると、「優遇金利適用が除外」になってしまったり、延滞し続けてしまうと「任意売却または競売」にかけられ家を失うことにもなりかねません。

Point
3

住宅ローンが払えない場合の解決方法を教えて

債務の返済が滞ると遅延損害金が発生したり、個人の信用情報に傷がついたりするなど、今後の生活において、不利な状況での生活になりかねません。

そのような状況になる前に、住宅ローンを借りている金融機関に、住宅ローンの返済計画を見直す交渉を行っていただく事をお勧め致します。

深刻な事態を避けるためには早めの対策が重要です。

それでも厳しいと言った場合には

「ハウス・リースバック」を利用してご自宅を売却するという方法もあります。
「ハウス・リースバック」は、通常の売却と違い自宅に住み続けながら売却出来ることです。
また近所の方に売却したことを知られることもありません。
通常の仲介でご自宅を売却すると、次のお住まいを探さなければならず、お引越し費用や賃貸マンションを借りる費用も必要になってきます。
お子さんがいる家庭だと、学区が変わってしまうなど、なかなか引越しできない状況の方もたくさんいらっしゃいます。
 

ハウス・リースバック

お問い合わせはこちら
ハウス・リースバックで解決!

お客様活用事例
どうにか仕事が見つかるまでの生活費とローン返済のための資金を確保したいと思っていました。
 

相談内容:

両親共に介護が必要となってしまい、介護をする為に退職していました。

しかし、両親が共に他界したので社会復帰しようと思っていましたが、なかなか仕事が見つかりませんでした。

その為住宅ローンの支払いが負担になってきたので、どうにか仕事が見つかるまでの生活費とローン返済のための資金を確保したいと思っていました。

 

ハウス・リースバックで解決!

「ハウス・リースバック」」で住宅ローンを返済することができ、就職活動中の生活費の工面もできました。

 

ハウス・リースバックは、お客様それぞれにあったご提案内容となりますので、まずはご相談を!

ハウス・リースバックとは

所有されているお家をハウスドゥ!が買い取り、

お客様は賃貸としてそのままお住みいただけるサービスです。

 

ハウスドゥ!が買主となり、直接購入させていただきます。

住宅ローンの残債があってもご対応可能です。

 

将来的にそのお家を再び購入していただくことも可能です。

売却しても今のお家に住み続けたいとお考えの方は、

是非ともハウス・リースバックをご活用ください。

お気軽にお電話でご連絡ください
03-6404-3180 03-6404-3180
受付時間:(平日)10:00~17:00
定休日:土、日、祝日
Access

大田区にて地域に根差した営業を続け様々なご相談やご依頼を承ってきた実績がございます

概要

店舗名 ハウスドゥ!大森海岸店
住所 東京都大田区大森北2-12-8トーア大森107
電話番号 03-6404-3180
営業時間 10:00~17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始
最寄り 京急本線 大森海岸駅 徒歩5分

アクセス

地域密着での営業を続ける中で、周辺地域で家の購入をご検討されている方や物件を売りたいとお考えの方から多数のご相談を頂戴し、幅広いニーズにお応えしてまいりました。暮らしに重要である不動産という分野のニーズにお応えすることで、地域の方々の快適な暮らしを支えるお手伝いをしていきたいと考えています。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事